カメラを持って街に出よ

2012年 04月 23日 ( 1 )

波止場写真教室 第8回目

日曜日は波止場写真教室の日だった。ビギナークラス第8回目のこの日は「レンズの話」。

今までよくわかっていなかったレンズに関する知識がばっちり学習できた(と思う)。

今までよくわかっていなかったこととは、フィルムカメラとデジタルカメラの画角の違いだ。35ミリ判換算ってどういう意味?っていつも疑問思っていた。

フィルムカメラとデジタルカメラでは、デジタルセンサーのサイズが違うので、同じ焦点距離でも画角が違うんだね。APSフォーマットのカメラで約1.5倍、フォーサーズフォーマットでは約2倍するとフィルムカメラに換算した画角がわかる。

そんなこと知らなくても写真は写せるが、ちゃんと理解しておくに越したことはない。

私はいつも18mm~55mmの標準ズームレンズを使っているが、レンズについての説明を聞いているうちに単焦点のレンズもほしくなった。いつもズームレンズに頼っている私が、単焦点のレンズで制約があるなか、果たして自分の工夫だけで素敵な写真が撮れるのだろうか?自分にはそういうチャレンジも必要じゃないかなと思う。


今日の一枚はこれです。棒状の柵越しの横断歩道が面白いなと思って、ここで立ち止まり、何人かの通行人の足を撮りました。その中の一枚です。

a0247372_21244516.jpg




ランキングに参加してます。もし気に入っていただけたならクリック願います。
↓↓↓↓

[PR]
by scj29 | 2012-04-23 21:30 | 写真学習メモ



タイトルの「カメラを持って街に出よ」は、自宅でフリーランスの仕事をしているためにひきこもりがちな自分を鼓舞するための言葉。コメントは承認制ですが大歓迎。リンクも大歓迎。