カメラを持って街に出よ

2012年 02月 28日 ( 1 )

近畿最古の芝居小屋

本日も24日の日帰り撮影旅行の続きです。

出石にある近畿最古の芝居小屋「永楽館」を見学しました。
出石永楽館は明治34年に開館し、歌舞伎をはじめ新派劇や寄席などが上演されていました。やがて映画上演が中心となり、テレビの普及や娯楽の多様化などにより昭和39年に閉館しました。しかし、往年の永楽館をなつかしむ声が上がるようになり、平成20年に大改修がなされて、44年のときを経てよみがえりました(永楽館のパンフレットより抜粋)。

永楽館の外にはカラフルな旗が立っている。
a0247372_16501843.jpg



舞台から客席に向かって。座席には座布団が敷かれている。一階の後ろの方と二階は段差ありのイス席だ。
a0247372_16504669.jpg


二階席から舞台を見る。左手には花道がある。客席を横切る平均台のような板は、客が移動するときに通る通路になる。
a0247372_16511390.jpg


看板も当時のものを再現している。
a0247372_1651287.jpg


いろいろと落書きされた板がそのまま使用されている。
a0247372_16514230.jpg


廻り舞台の下。左の木にはたくさんの切り目が入っているが、それは水車に使われていた木を転用しているため。
a0247372_16515419.jpg


廻り舞台は今も木の棒を押して人力で廻す。
a0247372_1652161.jpg


横の席
a0247372_16524199.jpg


現在、歌舞伎などを上演しているので、歌舞伎好きの方は見に行かれるといいですね。役者さんもびっくりなほどに舞台と客席が間近ですよ。


ランキングに参加してます。もし気に入っていただけたならクリック願います。
↓↓↓↓

[PR]
by scj29 | 2012-02-28 16:48 | 散歩・観光



タイトルの「カメラを持って街に出よ」は、自宅でフリーランスの仕事をしているためにひきこもりがちな自分を鼓舞するための言葉。コメントは承認制ですが大歓迎。リンクも大歓迎。