カメラを持って街に出よ

近代化産業遺産ハイキング その2

近代化産業遺産ハイキング、次の目的地は「風の教会」だった。この教会は安藤忠雄設計の1986年竣工の教会だ。近代化産業遺産には登録されていないので、ツアーに組み込まれていることを知らなかったけど、行ってみたかったので行けてよかった。今は廃墟なので、通常では中には入れないので。

この教会は六甲オリエンタルホテルが敷地の一角に結婚式用に建てた教会なのだけど、六甲オリエンタルホテルは2007年に閉館してしまった。採算が合わなかったんだね。夏はそこそこ客が入ると思うが、冬はほとんど入らないからね。春から秋までだけ営業すればよかったんだけど、それはそれで面倒なのかな。

風の教会、全体

a0247372_9264073.jpg


回廊(コロネード)部分

a0247372_9265713.jpg


教会の中。安藤忠雄のいつものコンクリート打ちっ放し。光をうまく取り入れる構造。光が入れば壁に十字架の影が映し出される。

a0247372_9271832.jpg


しかし、こんなにおしゃれな教会が、今や廃墟なのは寂しい。ここで結婚式を挙げた人はこの姿を見るとむなしいだろうな。まぁ、ここに限ったことではない。近代化産業遺産に登録されている建物はどれもそうだろう。一時は一世を風靡し、人々が行きかい、命がみなぎっていた。今は忘れられ、だた風にさらされている。この教会も、文字どおり「風の教会」になった。



ランキングに参加してます。もし気に入っていただけたならクリック願います。
↓↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by scj29 | 2012-07-01 09:31 | 散歩・観光
<< 近代化産業遺産ハイキング その3 近代化産業遺産ハイキング その1 >>



タイトルの「カメラを持って街に出よ」は、自宅でフリーランスの仕事をしているためにひきこもりがちな自分を鼓舞するための言葉。コメントは承認制ですが大歓迎。リンクも大歓迎。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31