カメラを持って街に出よ

波止場写真教室の第9回目

日曜日は波止場写真教室でした。今回の学習テーマは夜景撮影で、三脚の使用方法やシャッター速度などについて説明を受けました。

そのあと、スローシンクロの実演があり、言葉だけで知っていたスローシンクロの仕組みややり方がバッチリわかりました。

復習しておくと、夜景をバックに人物を写すときのスローシンクロの手順は次のとおり(三脚ありの場合)。

1. シャッター速度をいろいろと変えて試し撮りして、夜景がきれいに写る速度を把握する。このとき、画質をきれいに保つために、ISOは200、絞りはF8にしておく。

2. 人物にピントを合わせて(暗いとなかなかピントが合わないので、一時的にペンライトで照らしたりする)、内蔵フラッシュをオンにしてからシャッターを切る。

このとき、フラッシュをオンにしていないと人物が真っ暗になってしまいます。


波止場ギャラリーでは、5/20(日)まで、「オリンパスPENによるアートフィルター写真展」を開催しています。写真家、藤田一咲さんの写真も提示されています。お問い合わせは波止場写真教室まで

展示作品は写せないけど、雰囲気はこんな感じです。

a0247372_13554745.jpg









ランキングに参加してます。もし気に入っていただけたならクリック願います。
↓↓↓↓

[PR]
by scj29 | 2012-05-14 21:28 | 写真学習メモ
<< 久しぶりの須磨海岸 昨夜の神戸の夜景 >>



タイトルの「カメラを持って街に出よ」は、自宅でフリーランスの仕事をしているためにひきこもりがちな自分を鼓舞するための言葉。コメントは承認制ですが大歓迎。リンクも大歓迎。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31