カメラを持って街に出よ

旧京都府庁舎

季節の変わり目のせいか、原因不明のアレルギーが出て、蕁麻疹と肌荒れに苦しんでいます。日曜日に波止場写真教室の同じクラスの仲間と京都に撮影に行ったので、そのときの様子をアップしたかったのですが、そんなこんなで今日に至ってしまいました。

京都での撮影会は、世話役をしてくださったI氏の抜かりのない段取りのおかげで、盛りだくさんのとても楽しい会となりました。

それなのに、帰ってから確認すると、自分で納得のいく写真がほとんど撮れていなかったです。自己嫌悪。。。次回のレッスンではみなさん日曜日に撮った写真を持って来られると思うので、同じところを他の仲間はどういう視点で見ていたかを勉強させてもらおうと思っています。

では、今日はその撮影会で撮った写真の中で唯一気に入った2枚を。いずれも旧京都府庁舎にて。中庭の枝垂桜が有名だそうです。桜は満開を過ぎていましたが、とっても素敵なところでした。また行きたい!

a0247372_1754678.jpg

こうして見ると、墨絵のようじゃないですか!?

旧京都府庁舎は1900年に建築され、重要文化財に指定されています。

a0247372_17542785.jpg


この2枚目は特に気に入っています。よく見ると、一部のガラスが建築当時の手作りのガラスのため、景色が微妙に歪んで見えて、そのために不思議な雰囲気を醸し出していると思います(特にカップルが見えているガラス)。撮るときに、この構図はありきたりの発想で、撮ってもつまらないかなとも思ったのですが、撮ってよかった。この雰囲気は他の建物では絶対に出せなかったと思います。あっ、自画自賛ですみません。


ランキングに参加してます。もし気に入っていただけたならクリック願います。
↓↓↓↓

[PR]
by scj29 | 2012-04-19 18:10 | 散歩・観光
<< 街の中の自然 桜乱舞 >>



タイトルの「カメラを持って街に出よ」は、自宅でフリーランスの仕事をしているためにひきこもりがちな自分を鼓舞するための言葉。コメントは承認制ですが大歓迎。リンクも大歓迎。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30