カメラを持って街に出よ

はな子さん、100歳

仕事が忙しく、先月の28日以来ブログを更新していなかった。実のところ、忙しくなることがわかっていたので、25日に26日、27日、28日の3日分の記事も作成してしまい、28日まで予約投稿でアップしていたので、最後にブログを書いたのは2月25日ということになる。2週間も篭っていた私。。。締め切りがある仕事なので、締め切りに追われているときは、食料品の買出しすら行けず、家に引き篭もって、食事を取るとき以外は朝から晩までPCに向かう生活になる。今週末は絶対に仕事をしない週末にしたかったので、特に夜遅くまで仕事ばかりしていた。(注:こんなに働いても、収入はリーマンショック以前の3分の2です。トホホ)

さて、しかしながら、2月29日だけはイベントに参加していた。友人のおばあちゃん「はな子さん」の100歳のお誕生日会に招待されたのだ。はな子おばあちゃんの面倒は、孫である私の友人が見ている。お誕生日会は、その友人をはじめ、ご家族の愛情が感じられるすごく暖かいものだった。

a0247372_11122761.jpg


お決まりだが、写真をたくさん撮らせていただいた。それで、友人ご家族へのプレゼントにと思い、夜中の3時までかかってフォトブックを作った(その分仕事しろっってか?)。他人のご家族のアルバムなんて誰も興味ないと思っていたが、たまたまイギリス人の友人とスカイプで話をしていたときにこのフォトブックの話になって、見たいと言うのでリンク先を教えてあげた。そうしたら、それを見た彼が、「君の友人がHanakoを見る目とか、愛情に溢れるアルバムで、こっちまでハッピーになったよ。リンクを教えてもらって本当にラッキーだった」と言ってくれた。嬉しかった。そうなんだよね、介護はきっと大変なのだろうけど、友人が、自分が愛情を注ぐことによって彼女自身も幸せにしてもらっていると感じている。そんな彼女を見て、私も嬉しい!

どうせ、公開にしてるし、せっかくなんで、もしよかったら見てください。
フォトブック『はな子さん、100歳』

介護福祉士をしている友人が、「歳取って介護が必要になったら、お金があるとかないとか関係ないで。幸せかどうかは愛情にあふれた家族が周りにいるかどうかにつきる。」と言っていたのを、本当に実感したお誕生日会でした。


ランキングに参加してます。もし気に入っていただけたならクリック願います。
↓↓↓↓

[PR]
by scj29 | 2012-03-10 11:33 | 暮らし・日常
<< 波止場写真教室の第5回目 近畿最古の芝居小屋 >>



タイトルの「カメラを持って街に出よ」は、自宅でフリーランスの仕事をしているためにひきこもりがちな自分を鼓舞するための言葉。コメントは承認制ですが大歓迎。リンクも大歓迎。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30