カメラを持って街に出よ

野焼き体験

今日も、高梁市でのいなか暮らし体験の写真をアップします。

友人の家には広ーい栗林があり、秋には栗がいっぱい生ります。しかし、あまりに数が多いため、拾えるのはごく一部で大半は落ちたままです。冬になると、たっくさんの落ち葉と栗のイガが地面に降り積もっています。空気が乾燥しているこの時期に野焼きをして、春以降の芝刈りがしやすいようにしておきます。

こんなふうに栗の木がずぅーと続きます。栗林はこの他の場所にもあります。
a0247372_12315158.jpg


こんなふうに落ち葉を集めて筋を作り、斜面の下から火をつけていきます。
a0247372_1238839.jpg


a0247372_12383659.jpg


火を写真に撮ると不思議な感じにあがってきます。この写真は友人Fママが火にまみれているように写ってます。望遠レンズを使ったので、人と火の距離が縮まってそんなふうになってしまったんですね。そして、顔には火の粉が!実際はさほど危険ではなかったのですが、危険な写真に仕上がってしまいました。

a0247372_12571231.jpg


楽しかったなぁー、初めての野焼き。寒い中、火を燃やすと暖かいし、焚き火っていいよなぁ。それに、栗が焼き栗になって食べられるのもいい。私は食べなかったけれど(写真を撮るのに夢中で余裕がなかった)、隣のおじいちゃんが出てこられて、むしゃくしゃ食べて「おいしい」と言ってました。

隣のおじいちゃんの笑顔
a0247372_12515430.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by scj29 | 2012-01-22 13:11 | 自然
<< 旧遷僑(せんきょう)尋常小学校 初めての霜撮り 2 >>



タイトルの「カメラを持って街に出よ」は、自宅でフリーランスの仕事をしているためにひきこもりがちな自分を鼓舞するための言葉。コメントは承認制ですが大歓迎。リンクも大歓迎。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30